フルマラソン前日の過ごし方は何がベスト?食事や練習方法を解説!

いよいよ明日はフルマラソン当日!大会前で緊張や不安が大きいと思います。そこで!大会の前日はどうやって過ごすのが正しいの?前日まで練習する必要はあるのでしょうか?

マラソン大会前日の正しい過ごし方について、詳しく紹介していきますね。

スポンサーリンク

フルマラソン前日の過ごし方は?練習はどうすれば良いの?

フルマラソン,前日,過ごし方フルマラソンに出場するランナーで本番前日に極度なランニングの練習を行う方はあまりいないと思います。

既に練習量も減らし調整期間に入っている時期でもあり、体調を整えることも考え、前日は2、3kmの軽いジョギングかストレッチ程度で軽く汗が出るぐらいに留めておく方が多いです。

そういった軽い運動もせず極力身体を動かさず体力を温存させるような場合もありますが、休養中も少しだけ身体を動かして刺激を与えることをアクティブレストと言います。

このアクティブレストには疲労抜きの効果もありますので、今まで練習で蓄積された疲れを取り除くのにも効果的です。

フルマラソン大会前日の過ごし方

前述したように前日は無理せず体調を整えることを優先して考えて下さい。練習不足を感じていたとしても前日にランニングを行なっても走力は1日では向上しません。無理して練習しても体調を崩してしまう恐れもあります。

明日は42kmという距離を走らなければなりません。初心者の多くの方はそこまでの距離はまだ走ったことが無いと思います。

長距離を走った後は風邪を引きやすくなるぐらい消耗しますので、明日に備えて体力を温存しておくようにして下さい。

フルマラソンを初めて走る方や、初心者の方の平均タイムはご存知ですか?気になるフルマラソン初心者の平均タイムってどのくらい?の記事にて、初心者のフルマラソン平均タイムを紹介していますので、今後フルマラソンに挑戦する方はぜひ参考にしてみてください。

フルマラソン,初心者,タイム,平均
初心者だけどフルマラソン走ってみたい!という方多いですよね。もしくは、今後走る予定がある方も多くいるかと思います。でも、初心者のフルマラ...

前日の食事は何が良いの?

万が一影響を及ぼさない様、前日の食事は刺身などの生物やアルコールは避ける様にして下さい。

また便通の調子を崩さないように食物繊維を多く含む野菜も避ける方が良いでしょう。前日は持久力を保つ様グリコーゲンを体内に取り込むため炭水化物中心の食事にすると良いでしょう。

パスタやお餅をメインにしたり、ご飯を多く摂るようにすると炭水化物中心の食事となります。

フルマラソンを走りきるためには食事も気をつけておきましょう。フルマラソンに向けての適切な食事を、フルマラソンの食事対策!1ヶ月前、1週間にすべきことは?の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
フルマラソン 食事 1ヶ月前 1週間前
フルマラソンに出場するランナーにとって食事対策も重要となってきます。特にフルマラソンの大会1ヶ月前や1週間前などで食事の対策も変える場合がありま...

前日に用意は済ませよう

フルマラソンは大体午前9時〜10時頃にスタートしますが、スタート前の大会会場はランナーで溢れかえって大変混雑しています。

スタート直前に会場に着いていたら着替えやトイレで時間が取られてとてもじゃありませんがスタート時間に間に合いません。

そのためスタート時間の2時間〜1時間半前には会場入りしておきたいところです。会場に着いてからも着替え、荷物預け、トイレ、ストレッチなど準備をしなければいけない事が結構多いので直ぐに時間が経ってしまいます。

荷物預けもトイレも、スタートが近づくと長蛇の列となってしまいますので余裕を持って行動してください。

そう考えると、会場に7時か8時前ぐらいまでに着いている方が良いでしょう。そのぐらいの時間に会場に着くために前日には荷物をまとめ準備をしておくようにしましょう。

当日朝に慌ててシューズやウェアなどを準備していたら遅刻してしまう恐れがありますし、前日は睡眠もしっかり取りたいですので事前の準備は重要です。

前日移動の場合

会場が遠方の場合、前泊されることもあると思います。その場合に気を付けなければホテルの確保です。

前日ではとてもじゃありませんが間に合いませんが、もし遠方のマラソン大会に参加する場合、エントリーが出来たのと同時にホテルの確保も行った方が良いでしょう。

遠方から参加されるランナーは皆同じことを考えていますので会場近隣のホテルは直ぐに埋まってしまいます。

折角エントリー出来てもホテルが取れずに結局会場の最寄駅近くのホテルが取れず、何駅も離れたホテルに泊まらざるを得なくなっては負担が増えてしまいます。前日の負担を減らすためにもホテルは早めに確保するようにしましょう。

前日受付の大会もあります!

東京マラソンのような大規模なマラソン大会の場合、混乱を避けるため受付は当日行なわず2、3日前から大会前日までに指定の場所で行われることがあります。

その場合はもちろん前日までに受付を済ましておきましょう。受付をしてゼッケンを受け取らなければ出走する事が出来なくなってしまいます。事前に案内はよく確認して受付漏れなどが無いようにして下さい。

マラソン初心者は走り方にも問題がある場合が多くあります。マラソンの走り方・姿勢について、マラソンの走り方で初心者がすべきこと。姿勢で大きく変わる!の記事で詳しく解説していますので、ぜひ目を通してみてください。

マラソン,走り方,初心者,姿勢
いよいよ駅伝・マラソンシーズンに入ってまいりましたが、学生・実業団のトップランナーの「走る姿勢」はどの選手を見ても「まっすぐピシッと」しています...

まとめ

大会前日は緊張もするでしょうし、気持ちも高ぶっていることかと思います。

そのような精神状態だからなのか、前日に軽くジョギングしたら足に何か違和感を感じたり、食事に気を付けているのにお腹を下したりとトラブルとは言わないまでも何かと懸念されることが起こりやすかったりします。

そのため前日は慎重に慎重を重ねるぐらいに体調を崩さないように過ごして下さい。明日はいよいよ本番です。本番前最後の練習と思って前日の調整はしっかり行なって下さい。

吸収率抜群の必須アミノ酸を摂取しよう!

日々ランニングやマラソンの練習をしていると、体力の消耗が激しく疲労が残ってしまう事も多くあります。その疲労回復や脂肪燃焼の手助けをしてくれるのが必須アミノ酸です。

運動をしていると食事だけではアミノ酸が足りずアミノ酸の種類はいくつかありますが、その中でも重要なのが『BCAA』というアミノ酸。

ランニングをしていても疲労が溜まっていけば全く意味がありませんよね。ダイエットの為に走っていても、脂肪が燃焼しやすくなければただ辛いだけのランニングになってしまいます。

そんな悩みを解決するために多くのアミノ酸サプリメントや粉末が販売されていますが、パフォーマンス向上に重要なBCAAが効率良く摂取できるのが『アミノサウルス』です。オリンピックに出場したことのある選手がパフォーマンス向上のために欠かさず飲んでいることでも有名なアミノ酸です。

また、マラソン大会に頻繁に出場している医師も『BCAAというアミノ酸とOCAAを同時に摂取することで筋肉のコンディションや血管の機能や疲労回復機能を極限まで高めることができる。』と話しています。

OCAAとは、オルニチン、アルギニン、シトルリンの3つのアミノ酸ミクスチャーを協和発酵バイオが独自に考案し、「Ornithine Cycle Amino Acids」の頭文字をとって名づけました。 出典:協和発酵バイオ

このOCAAも、アミノサウルスに豊富に含まれているので同時に摂取することが可能です。健康のためにジョギングをしている方から、本格的にマラソンをしている方まで幅広く飲み続けられている理由はこの2つが同時に効率良く摂取できるからなのです。

「疲労回復や脂肪燃焼を促進したい!」
「マラソンのパフォーマンスを向上したい!」

そんな思いを持っていてまだ一度もアミノサウルスを試したことがない方は、初回だけの限定で50%オフで購入することができます。しかも、今だけの特典で更に購入した1箱とは別でもう1箱プレゼントしてくれます!

初回限定の50%オフなので、この機会に最高のアミノ酸サプリ『アミノサウルス』を試してみてくださいね♪

>> 初回限定50%オフのアミノサウルスをチェックしてみる