ハーフマラソンの平均タイムって?女性や初心者が目標にしたいタイムは?

女性や初心者も参加しやすいハーフマラソン。でもみんなどのくらいタイムでハーフマラソンを完走しているのか気になりますよね?

ハーフマラソン出場する時の目標を立てるためにも、平均タイムを知っておきましょう!

スポンサーリンク

ハーフマラソン平均タイムは?市民ランナーの場合

ハーフマラソン タイム 女性 初心者まずは参考までにハーフマラソンの世界記録は、男性の場合ゼルセナイ・タデッセが出した58分23秒。女性の場合はメアリー・ケイタニーの1時間5分50秒。

一方、1区間約20km前後を走る箱根駅伝もそれぞれ1時間程で走ります。でもこれはトップレベルのランナーの話。市民ランナーの場合は色々なレベルの方がいますので、平均タイムは大体1時間50分ぐらいではないでしょうか。

もちろんコースにより高低差の違いがあったり、大会当日の天候などによって難易度も変わっていきますので一概に言えないところですが、このぐらいのタイムでゴールされる方が一番多いかと思います。もし1時間30分を切るようなタイムが出せれば相当早い部類に入るでしょう。

上級者を目指すランナーはこの1時間30分を切るというのを1つの指標とする方が多いように見受けられます。

女性ランナーの平均タイムは?

女性ランナーに限った場合、やはり全体の大部分を占める男性ランナーよりは平均タイムが幾分遅くなってしまうのは否めません。平均タイムはだいたい2時間程ではないでしょうか。

1時間40分を切るぐらいのタイムであればもはや上級者と言えるでしょう。

初心者の平均タイムは?

男性でも女性でもハーフマラソンを初めて走るような初心者の方は、目標は完走、という方が多いと思います。

但しハーフマラソンの大会の制限時間は2時間半というところがほとんどです。そのため完走が目標といっても実際は2時間から2時間15分ぐらいを目標にしておかないと、思いのほか後半バテてしまいペースが落ちたらすぐに制限時間に引っ掛かってしまう、といった恐れがあります。

ハーフマラソンって意外に時間に余裕が無いのですね。そのため初心者の平均タイムは2時間10分ぐらいではないでしょうか。

女性や初心者の方がハーフマラソンに出場する時の不安解消を、ハーフマラソンの初心者・女性ランナーの不安を解消!!の記事で詳しく解説していますので、今後ハーフマラソンに出場したいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

ハーフマラソン,初心者,女性
初心者や女性ランナーが初めて挑むハーフマラソンって分からないことだらけ。どんな雰囲気なの?準備しておいた方が良いものは?そんなハーフマラ...
スポンサーリンク

初心者が目標タイムで完走するには?

ハーフマラソン,タイム,女性,初心者
事前の練習でハーフマラソンと同等ぐらいの21km程度の距離を走ったことが無いまま大会本番を迎える初心者の方も少なくありません。

実際には本番でその距離を走れれば良いのですから、練習で必ずしもこの距離を走れていなくても構いません。練習では目標とするレースの4割から7割ぐらいの距離が走れればよいとも言われています。

但し多くのハーフマラソンの制限時間である2時間半の間に完走するには約7分/km以内のペースで走る必要があります。5kmや10kmの練習ではこのペースを維持できた、という方でも21km最後までこのペースを維持したまま走ることは難しいことがあります。

特にレースでは皆ペースが早くなる傾向があり、それにつられてしまって後半バテて失速し、制限時間に引っかかる方も大勢いらっしゃいます。特に初心者はレースに慣れていないため周りのランナーの速度が速いことに気がつかずに、そのままつられることが多いです。

時計を随時確認し自分がどのくらいのペースで走っているか確認するなど冷静に自分のペースを守ることが大切です。その時計もGPS付きなら常にペースを確認出来ますが、GPS付きのウォッチは高価なので初心者の方は持っていない方もいると思います。

その際は大体時計のストップウォッチを駆使しながら走ることになると思いますが、大体の大会では距離表示がありますので、それに合わせ自分のペースを確認されるのが良いかと思います。

5kmや10kmのレースでは、それこそ勢いだけで最後まで突っ走ることも出来なく無いですが、ハーフマラソンぐらいの距離となると勢いだけでは流石に苦しくレースマネジメントが必要となっていきます。

初心者の場合、先行逃げ切り型はたいてい上手くいきません。自分の思っている以上にスピードが出すぎてしまい結局失速することが多いためです。イーブンペースもしくは後半に余力を残すぐらいのスピードで走るようにした方が良いでしょう。

ハーフマラソンに向けたトレーニングで意識しておきたい事や1ヶ月前の練習方法を、ハーフマラソンに向けたトレーニングで毎日することと1ヶ月前の練習は?の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ハーフマラソン,トレーニング,毎日,1か月前
ハーフマラソンへ向けて頑張ってきたトレーニングもそろそろ佳境。本番1ヶ月前から毎日どういう練習をすればいいのか不安になる方もいるでしょう...

まとめ

ハーフマラソンを始めマラソン大会は、日常では決して味わえないような高揚感溢れた雰囲気の中で行われます。

そのため皆思っている以上に気持ちが高ぶってペースが上がってしまうのです。中級者、上級者でさえ気づいた時には予測していた以上のペースで走っていることがあります。

初心者はなおさらペース配分に気をつけないといけません。

あくまで冷静に、追い抜かれても気にしない、周りには流されない、といった気持ちでレースに挑んで下さい。そうすれば培ってきた練習の成果が発揮出来ると思います。もしかしたら平均タイム以上の結果が出せるかもしれませんよ!?

吸収率抜群の必須アミノ酸を摂取しよう!

日々ランニングやマラソンの練習をしていると、体力の消耗が激しく疲労が残ってしまう事も多くあります。その疲労回復や脂肪燃焼の手助けをしてくれるのが必須アミノ酸です。

運動をしていると食事だけではアミノ酸が足りずアミノ酸の種類はいくつかありますが、その中でも重要なのが『BCAA』というアミノ酸。

ランニングをしていても疲労が溜まっていけば全く意味がありませんよね。ダイエットの為に走っていても、脂肪が燃焼しやすくなければただ辛いだけのランニングになってしまいます。

そんな悩みを解決するために多くのアミノ酸サプリメントや粉末が販売されていますが、パフォーマンス向上に重要なBCAAが効率良く摂取できるのが『アミノサウルス』です。オリンピックに出場したことのある選手がパフォーマンス向上のために欠かさず飲んでいることでも有名なアミノ酸です。

また、マラソン大会に頻繁に出場している医師も『BCAAというアミノ酸とOCAAを同時に摂取することで筋肉のコンディションや血管の機能や疲労回復機能を極限まで高めることができる。』と話しています。

OCAAとは、オルニチン、アルギニン、シトルリンの3つのアミノ酸ミクスチャーを協和発酵バイオが独自に考案し、「Ornithine Cycle Amino Acids」の頭文字をとって名づけました。 出典:協和発酵バイオ

このOCAAも、アミノサウルスに豊富に含まれているので同時に摂取することが可能です。健康のためにジョギングをしている方から、本格的にマラソンをしている方まで幅広く飲み続けられている理由はこの2つが同時に効率良く摂取できるからなのです。

「疲労回復や脂肪燃焼を促進したい!」
「マラソンのパフォーマンスを向上したい!」

そんな思いを持っていてまだ一度もアミノサウルスを試したことがない方は、初回だけの限定で50%オフで購入することができます。しかも、今だけの特典で更に購入した1箱とは別でもう1箱プレゼントしてくれます!

初回限定の50%オフなので、この機会に最高のアミノ酸サプリ『アミノサウルス』を試してみてくださいね♪

>> 初回限定50%オフのアミノサウルスをチェックしてみる