ハーフマラソンの練習でペース走や距離走ってどんな練習?

走ることに慣れてきたらペース走や距離走を取り入れていきましょう。だけどこれがどんな練習なのかよく分かりませんよね。

そこでハーフマラソン完走を目指すためのペース走、距離走の練習方法教えます!

スポンサーリンク

ハーフマラソンに向けペース走を取り入れて練習もステップアップ!

ハーフマラソン,ペース走,距離
最初は数百m走るだけで精一杯だった人も段々と長い距離を走れるようになってきたのではないでしょうか。数百mだったのが1km、2kmと距離が伸びてきたり、気づいたら30分間走れるようになったなど着実にステップアップしていると思います。

そうなってきたら練習も次のステップに進みましょう。ただ漠然と走るのではなく、走るスピードを意識したペース走と一定の距離を決めて走る距離走です。

どちらも出場したいと思うレースに向けた練習にもなります。特に初心者の方で、まだまだハーフマラソンの距離はとてもじゃないけど走れないという人も、これらの練習をすることによって本番のレースを走りきれるようになっていくでしょう。そのためにも是非このペース走と距離走の練習を行って下さい。

ハーフマラソンに出場するために走っておく距離について、ハーフマラソンの練習って大変?長い距離走らないといけないの?の記事でも更に詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ハーフマラソン,練習,距離
初心者がハーフマラソンに向けて一人で練習していると、この練習で本当に良いのか不安になる事がありますよね。そんなあなたにハーフマラソンに出...

ペース走ってどうやるの?

ハーフマラソンを走ろうとする場合、何分ぐらいでゴールしたいか目標を設定すると思います。

中には時間なんかとんでもない、完走するだけで精一杯という人もいるかと思います。そういう方でもマラソン大会に出場する以上、制限時間というものがあるので、その時間内にゴールしなければなりません。制限時間丁度にゴールしようとした場合、その制限時間が目標タイムとなるでしょう。

ハーフマラソンの場合、多くの大会で制限時間は大体2時間30分となっています。その2時間30分を目標とする場合、1kmあたり7分で走らなければなりません。2時間目標なら1kmあたり5分40秒で走る必要があります。

ペース走はその目標とするスピードを身体に覚えさせる練習です。ラップタイムが測れるスポーツウォッチなどで1km毎のタイムを計りながら、目標とするペースで走っているか確認しながら走ります。

最初はペースを維持するのは大変でしょう。ゆっくりでもペースを落とさず一定のスピードで走って下さい。段々と身体がそのペースで走ることを覚えていきます。

スポンサーリンク

練習を重ねるうちに一定のペースでより長く走り続けることが出来るようになっていくでしょう。一定のペースで走ることが重要ですので、効果を上げるためにも、走るコースは信号待ちに引っかからない公園内などのコースを選んで練習して下さい。

距離走って何?

距離走は、あらかじめ走る距離を決めて行う練習です。ランニングをしている方は既に大概この練習は自然と実施されたことがあるかと思います。1km走れるようになったから今日は2km走ってみよう、といったように目標の距離を決めて走る。距離走はそういった練習です。

ペースはジョギングペースで構いません。ペース走の練習と同じように一定のペースを保ったまま目標距離を走りきるようにしてください。練習を続けていくうちに段々と目標距離を走るのが楽になっていくでしょう。

出場しようとしているマラソン大会がある場合、この練習ではそのマラソン大会で走る距離の40~80%ぐらいの距離を目標にすると良いでしょう。必ずしもマラソン大会と同じ距離を練習で走らなくても構いません。

例えばフルマラソンの場合、初心者の方が事前の練習で42.195kmを走ってしまう方はほとんどいないと思います。

ここまでの距離となると身体に負担が掛かり過ぎるというのもあるのですが、要は本番で目標の距離を走れれば良いのですから、練習ではマラソン大会の距離未満で構いません。

ハーフマラソンの場合、40~80%というと約8km強~17km程度となります。8kmだと短すぎると感じるかもしれませんが、初心者の場合、8kmというと1時間近く走っていることになります。

1時間走れるのであれば、身体は既に長距離を走れる脚力と心肺機能を持っています。本番では無理せず練習どおりのペースを維持出来れば、ハーフマラソンを走りきることが出来るでしょう。

ハーフマラソンの平均タイムや目標にしたいタイムについて、ハーフマラソンの平均タイムって?女性や初心者が目標にしたいタイムは?の記事で更に詳しく紹介していますので、今後ハーフマラソンに出場するなら目を通してみてくださいね。

ハーフマラソン タイム 女性 初心者
女性や初心者も参加しやすいハーフマラソン。でもみんなどのくらいタイムでハーフマラソンを完走しているのか気になりますよね?ハーフマラソン出...

まとめ

ランニングには色々な練習方法があります。徐々にペースを上げていくビルドアップ走や、速いペースとゆっくりペースを繰り返すインターバルトレーニング、ゆっくりと長い距離を走るLSDなど多種多様です。

確かにより速く、より長い距離を走れるようになるにはこれらの練習をする必要が出てきます。ただハーフマラソン完走を目指す場合、ある程度、例えば20~30分間走れるようになっていれば、このペース走と距離走を取り入れるだけで完走出来るようになるでしょう。

初心者の場合は、あれもこれもと沢山の種類の練習を取り入れるよりも、このペース走や距離走だけといったように練習方法を限って集中して取り組んだ方が、負担も掛かりにくいと思いますし、身体も無理なくそのペース、距離を走る事を覚えていくでしょう。

是非、今回ご紹介したペース走、距離走練習でハーフマラソン完走を目指して頂ければと思います!

吸収率抜群の必須アミノ酸を摂取しよう!

日々ランニングやマラソンの練習をしていると、体力の消耗が激しく疲労が残ってしまう事も多くあります。その疲労回復や脂肪燃焼の手助けをしてくれるのが必須アミノ酸です。

運動をしていると食事だけではアミノ酸が足りずアミノ酸の種類はいくつかありますが、その中でも重要なのが『BCAA』というアミノ酸。

ランニングをしていても疲労が溜まっていけば全く意味がありませんよね。ダイエットの為に走っていても、脂肪が燃焼しやすくなければただ辛いだけのランニングになってしまいます。

そんな悩みを解決するために多くのアミノ酸サプリメントや粉末が販売されていますが、パフォーマンス向上に重要なBCAAが効率良く摂取できるのが『アミノサウルス』です。オリンピックに出場したことのある選手がパフォーマンス向上のために欠かさず飲んでいることでも有名なアミノ酸です。

また、マラソン大会に頻繁に出場している医師も『BCAAというアミノ酸とOCAAを同時に摂取することで筋肉のコンディションや血管の機能や疲労回復機能を極限まで高めることができる。』と話しています。

OCAAとは、オルニチン、アルギニン、シトルリンの3つのアミノ酸ミクスチャーを協和発酵バイオが独自に考案し、「Ornithine Cycle Amino Acids」の頭文字をとって名づけました。 出典:協和発酵バイオ

このOCAAも、アミノサウルスに豊富に含まれているので同時に摂取することが可能です。健康のためにジョギングをしている方から、本格的にマラソンをしている方まで幅広く飲み続けられている理由はこの2つが同時に効率良く摂取できるからなのです。

「疲労回復や脂肪燃焼を促進したい!」
「マラソンのパフォーマンスを向上したい!」

そんな思いを持っていてまだ一度もアミノサウルスを試したことがない方は、初回だけの限定で50%オフで購入することができます。しかも、今だけの特典で更に購入した1箱とは別でもう1箱プレゼントしてくれます!

初回限定の50%オフなので、この機会に最高のアミノ酸サプリ『アミノサウルス』を試してみてくださいね♪

>> 初回限定50%オフのアミノサウルスをチェックしてみる